笠間市 ホイ-ルアライメント 国井自動車

画像

  • HOME
  • ホイ-ルアライメント

YOUTUBEで紹介されました!

 国井自動車のアライメント調整を詳しく解説!
ぜひ一度ご覧ください!

ホイールアライメントってなぜ必要?

 「事故車は真っ直ぐ走らない。」という神話

以前から大きい修理を手がけていて思うことは、「修理した車は真っ直ぐ走らない。」と言われ世間の常識みたいになっています。
このことは最近まで修理する工場に「フレーム修正治具」「4輪ホイールアライメント調整機」を導入していないところが大半だったため、、、
修理後に正しい走行ができる寸法に修正されることはまれでした。

 はずれの車もこれが原因

車でよく言われる「はずれの車」はアライメントの数値が基準の範囲内ではあっても、基準値の範囲外近くに調整されているということです。
こういった細かいズレは気づきにくいので、平気でそういう車が出回っています。

 フレーム・足回りの修理業者を選ぶ基準はちゃんとした設備があるかどうか

フレームもしくは足回りを修理することになってしまった場合「フレーム修正治具」「4輪ホイール アライメント調整機」の有無を、愛車の修理を依頼をする工場選びの条件として考慮しましょう。

 道路に沿って真っ直ぐ走ることの重要性、カメラ付きの車種(スバルのアイサイト・トヨタのセイフティセンス)など、
後輪の狂い方によっては危険です。斜め前方の車に反応して、急ブレーキがかかり後続車に追突される恐れがあります。
事故や縁石に後輪が接触、アルミホイルのエグレ傷・鉄ホイル曲がり・タイヤバースト(パンク) ハンドルのセンター位置
がちょっとでも、ずれたら100パーセント狂います。まともな車でも合っているのはまれです。

こんな症状はございませんか?

 こんな症状がある場合はアライメント調整が必要です


・ハンドルがフワフワしててちょっとした轍(わだち)でもハンドルを取られる。

・ハンドルを軽く握っていると右左どちらか決まった方向に車が進む。

・タイヤの片方または片側だけがすり減っている。

・左と右にハンドルを切っ たときのハンドルの戻り方がちがう。

・直線で車はが斜め(前輪と後輪の軌道が左右どちらかにずれている)になって走っていると言われた。(FF車に多い)


・以前とハンドリングが変わった。

・高速道路を走ることに非常に不安(運転の技量は別問題)がある。

 上記症状があるならアライメント調整が必要です。

車のそれぞれのタイヤにはステアリングの操作性や走行性を高めるために、サスペンションの形状によって、さまざまな方向に大小の角度がつけられています。これらの角度を適正な状態にそろえる「ホイールアライメント調整」が必要です。トー、キャンバー、キャスターを調整することがそれに当たります。

国井自動車のホイールアライメントはここが違う

 豊富な経験を持つプロの目で点検します。

お客様ご自身や、まだ経験の浅い整備士では気づかないところも、豊富な経験からすぐに原因まで突き止めます。点検で出てきた修理箇所は勝手に進めず、必ず事前にお客様とご相談の上実施いたします。

 日本1位のメーカーBANZAI製の調整マシーンを完備

今まではランナウト補正をするとしないとではかなり違った数値が出ましたが、ホイールのぶれなどのランナウト補正はタイヤを回転させることでコンピューターが自動的に補正していますので安心です。
また、メ-カーのBANZAIに依頼してこまめにマシーンの定期点検も実施していますので性能も抜群に安定しています。

 作業の様子がYouTubeで紹介されています

動画で見ていただいた方が、イメージしやすいと思いますので、ぜひチェックしてみてください!
(実は1万再生以上もされているのはここだけの話です、、)

ホイールアライメントの料金

 ホイールアライメント料金 (税別価格)

◆測定 3000円~5000円(特殊ホイル)
◆調整 15000円~

※測定費用も込み
※車種により割引有り 
◆加工・シム調整・修正 各5000円~

4輪ホイールアライメント調整の手順

 STEP1

コンピューターに車両の形式とタイヤの直径を投入する。 
するとローラーが自動的に移動して車を乗り入れることが出来きます。
(台車がゆっくり動いているのがわかるかな。)

 STEP2

静かに車を乗り入れスイッチON。ローラーが回転し疑似走行状態を作ります。
測定機が静かにタイヤに接触し、ホイールなどの回転部分の誤差修正をしながら測定開始します。

 STEP3

ローラーが停止しハンドルを左右に切り、測定。

 STEP4

測定値を印刷し、オーナーにお渡して異常がなければ終了。
車を乗り入れてから、この間約5分で終了します。

 STEP5

調整が必要な車はリアルタイムで数値が映し出されるモニターを見ながら、項目ごとに4輪を調整していきます。
調整については+-「何ミリ」または「何度」とかありますが、できるだけ+-ゼロに近づけて調整して行きます。

 STEP6

測定ルームと事務所の間はガラス張りになっていますので全部の作業行程を快適な状況で見ることができます。

ホイールアライメントご依頼の流れ

 1.お問合せ~ご予約

まずはお電話で点検をご依頼いただく日時をご予約ください。点検に必要な料金もご案内いたします。ホイル形状、注意、タイヤ及びホイル
フランジよりディスク(内側)が出ているとテスターのローラーに当たり暴れると、正確な測定が出来ないので、ディスク部分が出ていないホイルがベストです。
アタッチメント取付可
0296-77ー2955

 2.ご来店

ご指定いただきました日時にご来店いただき、
点検のためのご説明をさせていただきます。アライメント数値の希望有れば、可能な限り調整致します。

 3.点検実施

一般的な調整時間、30分~1時間位です、見学するか待合室でお待ちいただきます。
加工、修正が必要で時間がかかる時は預かりになる場合もあります。(代車在庫があれば無料です。)

 4.完了~整備項目の説明

点検完了後、整備箇所があればご説明いたします。点検料をお支払いただき、お車をお引渡しいたします。

 5.アフターサービス

点検後のサポートも行っております。ご不明な点などがございましたら、ご遠慮なく当店スタッフまでお気軽にお尋ねください。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0296-77-2955
で受け付けております。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!